/ mobile

BIGLOBEモバイル タイプA を追加しました

昨年末KDDIが800億円で買収し、今年1月から正式にKDDIの子会社となったBIGLOBEですが、先月9月28日の記者会見でMVNO事業(モバイル事業)を「BIGLOBE mobile」として統一することを発表しました。(同時にロゴも一新されています。)
KDDIによる買収によってマルチキャリアでau回線も利用できるようになるのではないかと待っていた方も多いかと思いますが、ようやく今月10日から正式にau回線を利用する「タイプA」がサービスインしました。

ということでさっそくmobile by keisoku.ioでも先週からタイプAの計測も開始しました。

BIGLOBEのプラン及び料金は以下の通りです。
BIGLOBEモバイルの料金プラン

ミニマムは3GBから。BIGLOBEモバイルでも20GB、30GBという大容量プランがあります。
基本的にタイプD(Docomo回線)、タイプA(au回線)とも同料金ですが、いくつか注意点があります。

  • SMSなしのデータSIMではタイプAは利用できない
  • 音声通話SIMに関しては12ヶ月以内の解約は8,000円の解除料がかかる

(パケットの翌月繰り越しにも対応しています。)

尚、契約時の初期費用は申込手数料3,000円と、SIM準備料(たぶん発行料)394円がかかりますが、初月の利用料金は無料になるようです。

BIGLOBEモバイルではプランの容量を複数のSIMで分け合える「シェアSIM」サービスもあり、家族間や複数端末で一つのデータプランを分け合えるので、うまく利用すると節約になりそうです。シェアSIMを追加できるデータプランは3GB〜で、最大4枚まで追加可能。(ただし、費用として下のように追加の月額料金と、初期費用がかかります。)

BIGLOBEモバイルのシェアSIM料金設定

ちなみにタイプDにタイプAのシェアSIMを追加することもできるので、(マルチキャリア対応で)デュアルSIMのスマートフォンにタイプDとタイプA両方挿入して、片方の回線が遅くなったらもう一方に切り替える、という使い方もできるんじゃないかなーと思いました。

動画を見たり、音楽を聴く人にはエンタメフリー・オプションもあります。YouTubeやGoogle Play Music、Apple Music、Spotify、AWAなどがカウントフリーになります。

SIMは3-in-1のマルチタイプです。
BIGLOBEモバイル タイプAのSIMはマルチタイプ

そして肝心の通信速度ですが、タイプAは今のところ平日お昼の時間帯でも比較的安定していそうです。

こちら先週の木曜日(19日)のグラフですが、これ以外の曜日も時間帯問わずだいたい3〜6Mbpsにおさまっており、いい感じの安定感です。

休日も平日とそこまで変わらずといったところで、例えば土曜日(21日)だとこんな感じ。

尚、タイプDは最近は平日お昼の時間帯以外はかなり速度出てます。

こちら19日木曜日。

こちら21日土曜日。MVNOとは思えないほど爆速です。これくらいのスピードであればサブブランド(UQ、ワイモバイル)とほぼ変わらないですし、体感的にはMNOとも差がない感じではないでしょうか。

BIGLOBEモバイルは過去のデータを見ても、平日のお昼以外はある程度の速度(品質)をしっかりキープしている印象で、めちゃくちゃ悪くなったりはあまりしないです。なので比較的オススメ度は高め。今回ついにタイプA(au回線)も登場し、タイプD以上にこちらも今後の通信速度に注目です。